個性を出すならオリジナルTシャツ|良い業者さんの見つけ方

それぞれの違い

ポロシャツ

デザインのみ自分で決める場合

オリジナルtシャツは衣服製造会社に頼んで作ってもらえるのです。これなら自分の技術を必要としないのでまず失敗しません。具体的な工程を説明します。まずはじめにオリジナルtシャツのデザインを決めます。色は何色でも構いませんし、プリントを付け加えても構いません。このとき、オリジナルtシャツの色は何色にするか、デザインの大きさ、プリントの場所など様々なことに関して細かくメモしておくといいでしょう。次に、実際にその製造会社と電話やその店のホームページのお問い合わせフォームなどにアクセスしてアポを取りましょう。こうしてお金はかかりますが、しっかりとしたオリジナルtシャツを作ることが可能になるのです。料金の一例ではありますが、たくさん注文すると安くなったり(団体料金)、プリントや色の種類を増やしたりすると追加料金がでてしまうと様々です。この機会に是非やってみてはいかがでしょう。

tシャツを一から自力でつくる場合

オリジナルtシャツを自力でつくる場合、道具を自分で調達する必要があります。例えばミシン、アイロンは家庭にありそうですので大丈夫そうですが、プリントする生地や縫い糸などは買わなくてはなりません。100円ショップなどに売っているものでも結構ですが、何度も使う前提ならばしっかりしたものを買うことをおすすめします。オリジナルtシャツのデザインについては上記のものと同じで結構です。デザインが決まったあとのことについて説明します。はじめに色を付けるため、マジックやインクなどで染めます。インクは全体が染まってしまわないように注意しなければなりません。次にアイロンプリントをします。買ってきたプリント生地を上からアイロンで押さえれば大丈夫ですが、冷ましてから剥がさないとうまくできないので注意しましょう。また、自分で作る場合は失敗してしまう確率も高くなってしまうので最初から業者に依頼をした方が早いといえます。